成長痛の予防法・対処法【腰椎分離症編】~泉州、熊取 土日も営業 フィットネスジム・鍼灸整骨院~

本日は厳密に言うと、成長痛には含まれないのですが…

当院でもよく見受けられる【腰椎分離症】についての予防法と対処法をお伝えします。

 

【腰椎分離症】

中学生男子に圧倒的に多い。

腰椎分離症は図の部分に起こる疲労骨折です。

IMG_3244

上の図の緑の所を拡大すると、下の図になります。

下の図の丸で囲んだ部分で腰椎分離症が起こります。

IMG_3245

左右の両側で起こると【腰椎すべり症】となる場合が多く、注意が必要です。

当施設でも野球を行っている中学生の選手で「中々、腰の痛みが治らない」と言って来られた際に、病院の受診を勧め、レントゲンやMRIといった検査を行った結果、腰椎分離症と診断される選手がいます。

様々なスポーツにおいて、身体を「捻る」+「反る」を行う選手がなりやすいとされています。

症状は腰の痛みに加えて、腰を反った時に痛みが強くなる事などが特徴的です。

 

【予防法】

身体を「捻る」+「反る」という動きを最小限にする為に体幹(いわゆるコア)の安定性を高める。

体幹(コア)の安定性を高めるエクササイズの代表例が以下のものになります。

IMG_3247

IMG_3248 IMG_3249

図にも記載していますが、ポイントは2つあります。

①腰を反らさない!

②股関節を曲げない!

 

【対処法】

対処法については腰椎分離症になってしまった場合、基本的には骨がくっつくまで安静というのが大原則ですが、腰椎分離症に伴う痛みの対処法としては以下の方法があります。

①痛む部位を温める。

②電気治療を行う。

③痛み止めを飲む。

基本的にはすぐ治るものではない為、上記の方法で痛みが一時的に楽になった場合でも、無理をして良いという事ではありません!

 

当院でも、実際に【腰椎分離症】の診断が出た中学生の選手が半年間のスポーツ活動を禁止されるという例もあります。

そこまでするの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、【腰椎分離症】もれっきとした骨折であり、しかも治りにくいという特性がある為。この話も大げさに言っている訳でもありません。

また予防法に挙げている「コアの安定性を高める」事に加えて、身体の動かし方自体が間違っている場合もあります。

そのような場合、必ず本人では気付く事は出来ないので、私達のような「動き」の専門家に相談する事をお勧め致します。

皆様のお子さまが、動きたいのに動けない…そんな事になる前にお手伝いできる事があるので、迷わずいつでもご相談下さい。

 

~タチリュウコンディショニングジム・舞くまとり整骨院・鍼灸院~

大阪府泉南郡熊取町紺屋2-21-17 (無料駐車場完備)

受付時間

ジム:平日 10:00‐22:00 土曜日 10:00‐21:00 日祝日 10:00‐19:00 第1・3水曜日休館日
整骨院:平日 9:00‐12:30 15:30-20:30 土曜 9:00‐12:30 15:30-19:00  日祝 9:00-14:00 第1・3水曜日休診日

TEL:072-452-9543
HP : http://www.tachiryugym.com/
facebook : http://www.facebook.com/tachiryugym ←「いいね!」 押してね☆

お問い合わせフォームはこちらから。24時間受付しております

グループ店

  GYM 鍼灸整骨院 デイサービス 放課後等
デイサービス
千葉 習志野本店    
大阪 熊取店
大阪 泉佐野店